和菓子とお茶のいい関係   

 奈良の大好きなお店の一つ
 和菓子の「樫舎」
a0157268_09402935.jpg
 そこで憧れの体験 これも今回のワクワクする楽しみの一つ

 カウンター席の目の前で 店主が和菓子を作り 出来立てをいただく体験
 贅沢なカウンター割烹という感じ・・・
a0157268_09375098.jpg
a0157268_09381578.jpg
a0157268_09380379.jpg
 

 店主との愉しい会話が流れるように弾む中
 鮮やかな手さばきで 日本各地の正しい美味しい材料が
 出来立ての美しい和菓子になっていく
a0157268_09413366.jpg

 今できた味を それぞれに合うお茶と共に味わう
 一瞬目を閉じ 得も言われぬ美味しさに 酔いしれる幸福感

 まずはお干菓子に冷たいお煎茶
a0157268_09411085.jpg
 
 練り切り「蛍の光」とお抹茶
    餡を濾してこの姿になるまでの見事な流れ
a0157268_13235356.jpg
    うわぁ~と思ってる間にこうして漆器に盛り付けられます
    勿論 漆器の由緒正しいことは言うに及ばず・・・
a0157268_09395168.jpg

 わらび餅 70℃もある熱い材料を涼しい顔をして(私にはそう見える)
      てのひらで均等に形作り 並んでいく様も見事
a0157268_09400757.jpg
 客の器の上で黄な粉が振りかけられる
a0157268_09393470.jpg
 わらび餅にはコーヒー 程よい苦みがとてもよく合う
a0157268_09382951.jpg
 そして 最中 ほんとに120%くらいしっかり水分の飛んだ最中の皮に
        今炊きたてで熱く 水分を残した小豆の餡が挟まり
        手渡しでいただき すぐさま口に・・・
a0157268_09404866.jpg
a0157268_09385729.jpg
 あぁ・・・ 贅沢な・・・ 

 お茶はほうじ茶 まず爽やかに馬上杯で一杯
a0157268_09391662.jpg
 そして味の深みが出てからのゆっくりいただく一杯
a0157268_09390614.jpg
 豊かな豊かな一時間が流れ・・・
a0157268_09384556.jpg
 会話の中から学んだこと 愉しかった事・・・多し・・・
 
 この機会が得られた幸せを想うばかり・・・

 奈良の旅の最後を飾るにふさわしい「樫舎」でのひと時でした

   余談ですが・・・
   「樫舎」の店の前の写真 一番右にご注目
   ここの夏の一番人気「かき氷」がとにかくおいしくて
   お客さんが一時間も並ぶほどなのですが
   「氷」の旗がシックでシンプルで いい感じでしょ
   「樫舎」の雰囲気にぴったり
   実は・・・まっさんの作なのですよ うふふ・・・

   「樫舎」のこと 最初に教えてくれたのはまっさん
           次に石村さんの著書
   私 ミーハーですが・・・ ミーハー大事 ミーハー万歳




by kigimama | 2017-07-08 21:37 | Comments(0)

<< 大人のイタリアン ミアズブレッドのパン >>